ヘアサロンのホームページ制作

ヘアサロン約23万軒

全国のヘアサロンの数は約23万軒もあり、美容師の数は約48万人もおります。毎年、美容室と美容師は増え続けております。毎年増え続けているヘアサロンの背景には、ある程度美容師としてのスキルが身につき、自分のお客様ができると独立してヘアサロンを開業する美容師が多いことがあります。約23万軒のうち8割が個人事業主として経営されております。コンビニエンスストアが、全国に約5万軒ありますが、ヘアサロンはコンビニエンスストアの約5倍もあることになります。

ヘアサロンの集客

主に個人事業主として経営されているヘアサロンは、店舗の近隣のお客様が多く広告宣伝や販売促進などをあまり行っていないケースが多いようです。法人のヘアサロンは、店舗の近隣だけではなくより広範囲から集客をしており、そのためにホットペッパービューティーなどのポータルサイトに広告を掲載したり、タウン誌やフリーペーパーに広告を掲載しております。
ヘアサロンを探すときに一番利用されている方法は、インターネットでYahoo!やGoogleをつかって検索する方法です。例えば、宇都宮でヘアサロンすを探す場合「ヘアサロン 宇都宮」と検索し、検索結果の上から順にホームページを見ていき気に入ったお店に予約をするといった流れでお客様はお店を選びます。

ホームページ制作の注意点

インターネットからヘアサロンにお客様を集めるには、ホームページが欠かせません。ヘアサロンのホームページ制作でよく見られるものは、Flashというものをつかって格好良く作られているものや、デザインに凝りすぎて知りたい情報がどこにあるのかわかりにくいものがあります。これらは、お店側の自己満足で作られたホームページであって、お客様が知りたい情報がのっているホームページではないです。

ヘアサロンのホームページ制作だけではなく全ての業種のホームページ制作時にもお客様の立場に立って考えて作る必要があります。
ヘアサロンの場合には、まず店舗はどこにありどのような雰囲気なのか、料金はどのくらいなのか、どのようなメニューがあるのか、スタイリストはどんな人なのか、どのようなスタイルが得意な店なのかといった情報が、ホームページにきちんとわかりやすく掲載する必要があります。ホームページのデザインも今風のものになっていて、お店の雰囲気と違和感がなければいれば大丈夫です。

ホームページ制作をするときにはSEO対策をセットで考える必要があります。Yahoo!やGoogleで検索したときにお店のホームページが上位に表示されなければ集客にはつながりません。SEO対策を行うことでお店のホームページを検索結果の上位に表示させることができ、お客様を集めることができます。

ホームページ制作が終わった後、SEO対策以外の集客方法として、インターネット広告があります。Yahoo!やGoogleの検索結果やYahoo!JAPANのニュースやアメーバブログなどのコンテンツページに広告を掲載することができます。




ホームSEO対策ホームページ制作インターネット広告SEO事例紹介映画館広告Tポイント加盟店募集LINE@紹介取次経営支援会社概要お問い合わせ